1. TOP
  2. 誰でも出来るカンタン家計管理法

誰でも出来るカンタン家計管理法

お客様の例 ライフプラン 橋場の記事
この記事は約 7 分で読めます。 219 Views

皆さん、こんにちは。

今回は将来安心して過ごせるようになるための、もっとも基本となってくる家計の管理について書いていきたいと思います。

ライフプランニング表で将来設計

日頃から私のところには、多くの方が将来のお金のご相談にいらっしゃいます。

資産形成や貯蓄のご相談にいらっしゃる方には、ライフプランニング表という自分の将来のお金の流れが一目で分かるシミュレーションの資料をお作りしています。

 

このライフプランニング表は、作成するのは専用のシステムを利用して作っていますので、きちんとデータを入力できれば、それほど難しい作業ではないのですが、データがどれだけ実態に近い数値で入力できているかどうかという事が重要になってきます。

現状を正確に把握出来ていますか?

毎月の家計の収支をマンツーマンでヒアリングしながらお作りしていますが、そもそもいったいいくら収入があって、いくら使っているのかという事が全く分かっていないという方や、自分では把握していたつもりでも、シミュレーションしてみた結果、実際の状況と大きく隔たりがあるという方が多くいらっしゃいます。

老後など遠い将来のお金の流れを把握するためには、まずは今現在の自分の状況をどれだけ把握しているかで、その後の行動にも大きく影響します。

 

家計簿をつけましょう!

全く家計が把握できていない方や、やっているつもりなのに、全然お金が貯まらない、増えないという方がよくいらっしゃいますが、そういう方にはまずは最初に家計簿をつけることをおススメしています。

それくらいなら出来そうだという方は、ぜひ家計簿をつけてみてください。

さらに簡単に済ませたい人には

中には、毎日家計簿をつけるだけでも、ちょっと難しそう、3日坊主になってしまいそうという方もいるかもしれません。これまで全くやった事が無いという方にとっては、1日の中で数分だけという作業でも、毎日やるとなるとなかなか難しいという人も多いと思います。

そんな方にはさらに簡単な方法があります。どんなに面倒くさがりの人でも月に1回だけで良いという事であれば、なんとかできるのではないでしょうか?

クレジットカード払いを減らす

まずは出来る限りカードでの支払いを無くします。

毎月決まった金額が出ていくようなものは、カードで払っていても把握することが容易ですので、そういった固定費はカードでも構いませんが、それ以外の洋服代、飲食代、趣味など毎月出たり出なかったり、金額が変動したりする物は、基本的に現金で決済するようにします。

時々『カードで買った方がポイントも貯まるので・・・』という方もいますが、結果的にカードを使うのを減らすことによって、ポイントで受け取るよりも何倍も節約できる可能性が高いですので、そこは思い切ってカードをやめましょう。

節約できる体質になった時には、その時にカードをまた使うようにすれば、節約+ポイント両方得ることも可能だと思います。

目に見える現金で管理する

現金で買った場合、通常はレシートや領収書を受け取ると思いますが、それを捨てないで全部持ち帰って、まとめて保管しておきます。

持ち帰ったレシートや領収書を入れる袋などを用意します。可能であれば、いくつか分類しておくと後で、分類する手間が省けますが、とりあえずは全部ひとまとめでも大丈夫です。

さすがにその日のレシートを袋に入れるだけなら、どんなに面倒くさがりの人でも出来ると思います。

日々の作業はただこれだけです。

月に一度だけ集計する

どんなに忙しい人でも、1か月の間に30分くらいは時間取れると思います。

1か月間貯めたレシートを、どこかのタイミングでまとめて計算します。

その時に、ある程度項目を分類して『食費』『洋服、美容代』『趣味』『交通費』『その他』など数種類に分類するようにします。あまり項目が多すぎるとそれも面倒になってしまいますので、ざっくりで良いです。

これだけです。

さすがにレシートを集めて、月1回計算するだけくらいなら、誰でも出来ると思います。

これを何か月か続けていけば、だんだん自分の家計の特徴が見えてくると思います。

目で見えることがポイント

何年か前に、ダイエット法で食べた物を記録するだけという『レコーディングダイエット』という方法が話題になったことが有りますが、それと同じ原理です。

人間はどんなものでも目に見えないと、危機感も沸いてきません。

お金の流れも、同じです。

記録として残していくと、普段自分では気が付いていなかった無駄な部分も見えるようになってきます。

カードで気にせずに買っていると、意外とたいして必要で無いものも買ってしまっていることも多いものです。あとで見返してみることで、よく考えればそんなに必要じゃなかったなあと思うものが、きっとあるはずです。最初のうちは後から見て、気が付くような形になるかもしれませんが、継続しているうちに何かを買おうと思った時に、一度立ち止まって考えて本当に必要な物か、不要な物か判断できる力が身に付いてきます。

記録することは貯蓄でも同様の効果が

記録することは支出を把握するうえでも重要ですが、貯蓄についても同じことが言えます。

貯められている実感が無いと、貯蓄も全然進みませんが、貯まっていることが目に見えるようになると、それによって達成感も生まれ、貯めることに対するモチベーションも上がってきます。

毎月口座のお金が少しずつでも増えていく様子を確認できれば、誰でも嬉しいですよね。

結果が出るようになってくると、さらに上を目指そうという意欲も沸いてきますので、徐々に効率が上がってく可能性もあります。

このようなやり方で、家計が管理できるようになってきたら、それだけでもかなりのプラスの効果が有りますが、ここまで出来たら今度は、家計の中身を確認してみましょう。

時代とともに変わる費用

生活に係わる費用は、時代の流れなどによっても、大きく変化します。

例えば通信費。2~30年前と比べるとほとんどの方の負担が増加しているのではないでしょうか?

現代だと、1か月の通信費(携帯電話、スマートフォンなど)が1万円を超えているという方も珍しくないと思います。

それと比べると、携帯電話などが無かった時代はどうでしょうか?

家の固定電話が毎月1万円以上かかるという家庭は、よほどの長電話好きか、海外などに頻繁にかけるなど、一部の方を除いてはほとんどいなかったのではないでしょうか?

時代の流れでいつの間にか増えている費用に注目するというのも、家計を改善するヒントになります。

 

昔と比べて多くなっている費用を見直してみることによって、節約できるヒントも見えてきます。昔は無くてもどうにかなっていた物については、極端な事を言ってしまえば、無くても生活は出来るという事になります。そうはいってもさすがに現代において携帯電話を手放して固定電話だけにするというのは無理だと思いますが、他にも個々に注目してみるといろいろあるかと思います。

その出費は本当に必要?

外食費用などもその一つです。年齢と共に多少収入が増えたりしたことによって、若い頃と比べて気軽に外食できるようになったことによって、増加した収入分以上に出費も増えてしまっているという方も珍しくありません。

若い頃などお金があまりない頃は、飲みに行ったりする場合でも、仲の良い友達と行ったり、何か特別なイベントなどの時だけ行ったりなど、自分なりにある程度選別していたはずです。

それが年と共に仕事などの付き合いなども増えて、特に意味の無い飲み会などが増えているという方も多いと思います。

心当たりのあるという方は、これからは飲み会に参加するときも本当に参加した方が良いのかよく考えて、不要な出費は控えるようにしましょう。

日々の積み重ねが大切

いろいろと書いてきましたが、貯蓄が出来る人と出来ない人の差は、ほんのちょっとの違いです。細かい日々の積み重ねが、未来に大きな差をつけます。

一度に全てをやる事は出来ないかもしれませんが、出来そうなことから少しずつ始めて、明るい未来を作っていきましょう!

 

2018年9月

\ SNSでシェアしよう! /

ブライトリンクス公式HPの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ブライトリンクス公式HPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

橋場 健

橋場 健

大学卒業後、アパレル会社勤務を経て26歳で渡豪。グレートバリアリーフにてスキューバダイビングインストラクターとして働く。帰国後独立してダイビングスクールおよびカフェを経営。30代半ばで肺の病気を患い、海の仕事が困難になり閉店。その時に加入していた保険で精神的にも経済的にも厳しかった状態から救われ人生設計の大切さを痛感しFP(ファイナンシャルプランナー)としての仕事を始める。
大手外資系保険会社を経てブライトリンクスへ。
FPとして活動する傍ら婚活サポートにも力を入れる。

ファイナンシャルプランナー
証券外務員

この人が書いた記事  記事一覧

  • お子さんやお孫さんへの贈与はお早めに!(非課税縮小)

  • NISAスタートから5年、非課税を続けるためには?(ロールオーバーについて)

  • 金利が上がると株価が下がる?!株価が上がっても増えないお小遣い。

  • 誰でも出来るカンタン家計管理法

関連記事

  • 【事例でみる四柱推命で運気アップの将来設計作り①】

  • 3か月で14キロのダイエットに成功したFPが語る    「ダイエットと無駄遣い」の驚くべき共通点

  • お金を殖やすには何が大事なの?

  • 高齢化社会の老後について考える

  • お子さんやお孫さんへの贈与はお早めに!(非課税縮小)

  • 普通預金に預けても全く増えない、今年こそ始めたい株式投資。【株式投資入門1】

// ptengine