1. TOP
  2. 原 浩司(はら こうじ)

原 浩司(はら こうじ)

Work – 仕事の内容 –

まず、マネーセミナーにてお金の大切さを理解して頂きます。次に目標を明確にしてもらい自分専用のライフプランニングシートを作成し、目標達成へのお手伝いをすることが仕事です。

特に「老後にどのくらいお金が必要なのか?」はライフプランニングシートを作成すると一目瞭然です。

ポイントは早めの対応です。

お金とは一生うまく付き合っていかなければいけないのに、学校ではお金のことを教えてもらう機会はほとんどなかったのではないでしょうか?

セミナーでは『時間』をキーワードにお金とうまく付き合っていく方法を参加される方がわかる事例を活用してお伝えしています。

内容ははじめての方でもわかる基本的なお話が中心となりますので、安心してご参加下さい。

お金のことが気にはなっているが、よく考えてからにしようという方もいらっしゃいますが、まずは気になったのであればとにかく参加してみた方が良いと思います。

『時間』は無駄遣いしてもお金のようになくならないのですぐには困らないので気がつきませんが、時は金なりです。

お金を殖やすにも時間がかかりますのでそのサポートをしています。

Rewarding – やりがい –

お客様に笑顔をお届けすることやよかったと言ってもらえることです。

例えば「子供が自転車で人にぶつかりケガをさせてしまった・・・どうしたらいいの?」と困って連絡を頂くことがあります。その際にはゆっくり経緯を伺って最低限、やって頂きたいことを伝えあとは私が代行して行えるところはやります

そして無事に問題が解決したときに『入っていてよかった。いろいろとありがとうございました』と言って頂けた時に喜びを感じます。

また例えば、家を買いたいといった場合に住宅ローンのご相談の時に、必要であればその物件の良し悪しや物件選びまで第三者の目でアドバイスしています。

不動産会社は『いいですよ』とは言うけれど、『ここはよくないですよね』とはなかなか言わないでしょう。ですから間に入ってお客様の要望に合った答えを出せるような協力もしています。そして希望に合ったご自宅を購入出来て良かったと笑顔で喜んでもらえた時にやりがいを感じます

Life -プライベート-

私は『人』が好きなので、縁を大切にしてきました。高校時代は背が伸びるとなぜか思い、やったこともないバレーボールを始めました。当時、上野高校は強くなっていた時期で、最初同期が25人にいましたが、半年後には6人になってしまうくらい練習は厳しく、休みもありませんでした。ただ、その甲斐あって東京でベスト16に入ることができました。

その後大学生となり、学生コーチとして後輩の指導をさせてもらいました。強くしたいという一心から断られることを覚悟して強豪チームの先生に連絡しましたが、断られることの方が少なく、他校の先生方にはよくして頂いただけでなく、指導方法まで教えてもらいました。

私は小学時代には少年野球とボーイスカウトを、中学時代にはバドミントン、高校時代にはバレーボールをし、大学時代にはバレーボールのコーチを4年しました。

野球は左利き、でもバドミントンは右利き、バレーボールは左打ちとよくわかりませんが、体を動かすことが好きなので結婚して子どもが小学校に上がった際に『バドミントンができるところはないかな?』と探したところ小学校で練習をしているということで参加してみました。

そうしたらPTA会長の奥様がバドミントン部にいて、それがきっかけで小学校のPTA会長を4年も務めることになりました。

PTAは大変だと言われますが私は他校の同じPTA会長との交流もあり、この年になって新しい友達ができるとは思っていなかったので、いろいろな経歴の方がいてとても楽しく活動できたのがとても財産になっていますし今でもお付き合いが続いています。

縁を大切にしていくとどんどんと自分の世界が広がっていき面白いですよ。
皆さまとも会える縁を楽しみにしています!

Message -メッセージ-

今までのことを『変える』にはパワーが必要です。でも時間は限られています。
ライフプランニングシートを作ってみることにより、現状が数字で出て来ます。

これを作ることにより『自分では老後が心配だと思っていたけど今のままやっていけば安心』という結果が出たら漠然とした不安が解消されて安心ですよね。

でも根拠に基づいたものがなければ、なんとなく不安というのが付き纏います。

実際に全く問題なしという方は1~2割で、後の方は手を打つ必要があります。ではそうだとしたらいつが最適でしょうか?答えは早ければ早いほどよいですよね。

まずは無料セミナーに参加し自分専用ライフプランニングシートを作成して、今後の不安を解消して下さい!
皆さまのお越しをお待ちしています。

// ptengine